左ハンドルに注意して外車レンタカーを乗りこなそう!

左ハンドルに注意して外車レンタカーを乗りこなそう!

外車レンタカーで左ハンドルを運転なんて格好良いですよね。自分で外車を持つのも、もちろん憧れますが、国産車に比べて、どうしても維持費が高額になってしまいがちです。

それにせっかく外車に乗るのなら、いろんなタイプを乗りこなしてみたい、という気持ちもありませんか?そこで最近人気なのが、外車のレンタカーです。
外車レンタカーの仕様は、左ハンドル、ナビ付、ETC付がほとんどで、対象年齢が設定されている所も多いようです。車種は、ベンツやBMW、フェラーリやランボルギーニなど人気の車種を取り揃えていて、セカンドカーとして、レンタルする方も多い様です。

ただ、外車レンタカーを借りる際に注意したいのは、左ハンドルによる運転の違和感です。初めて左ハンドルを運転する場合、車両感覚が慣れるまで2~3日かかってしまう、という人もいるようです。

車両の左端に自分の身体が来なくてはならないのに、無意識のうちに右に寄ってしまったり、道路標識や路地ミラーなど、普段右ハンドルで運転している時とは逆の位置になるので、確認しづらいという事もあるようですし、また、かっこよく左ハンドルに乗っているのに、駐車場の料金支払い時などは、頑張って手を伸ばさないといけませんね。

Recommend!

v class="w">沖縄でレンタカーを初めて借りる時の10の注意点 - スカイレンタカーwww.skyrent.jp/sky-media/tips/rent-a-car/ - キャッシュまた国内のレンタカーのメーカーでは右ハンドルが主流となり運転に不慣れな事も予想されますが一部のメーカーでは外国車も取り扱っており左ハンドルの車種をレンタルする事も可能となりますので申し込みの際に問い合わせてみる事をお勧めします。 ... また西表島にはイリオモテヤマネコが天然記念物として生息していますが飛び出しによる被害が多く万が一レンタカーでひいてしまった時にはレンタカー会社への...
沖縄でレンタカーを初めて借りる時の10の注意点 - スカイレンタカー